フードコーディネーターってどんなお仕事??

皆さんはどんな仕事に興味がありますか?

知らない世界をもっともっと知りたい!!
Me:Mo読者の皆さんにもいろいろな業界について興味をもってもらえたら!ということで、これから少しづつ活躍している女性にスポットを当て様々な業界についての情報を配信していこうと思っています!
Me:Moは女性を応援するメディア。
輝く女性のライフスタイル、気なりますよね??
ミーモYOGA部のインストラクター“AYA(HONEY WAXX)” さんもその一人。
AYAさんについて記事はこちら↓↓

世の中にはたくさんの仕事があります。名前は聞いたことあるけど実際にはどんなことをしているの??そんな風に思うこと、ありませんか??

今回スポットを当てるのはフードコーディネーターというお仕事。
取材させていただく方は、名古屋出身で現在地元名古屋で活躍されている山谷奈津子さん(studio725)です!

カフェ、ケータリング、お弁当、そしてその演出までを提案するなど、様々な形で活躍されていらっしゃいます。
さらに名古屋市新栄にてカフェ※1 をOPENしたり、ご自身でスタジオを持ち料理教室などもされているんです。
まさに輝く女性!う〜ん、興味ある!!
そんな山谷さんに、気になるあれこれ伺ってみたいと思います!

※1 新栄カフェは不定休になっております。インスタにて日々情報発信中ですよ!
・Instagram・
https://www.instagram.com/studio_725/

【プロフィール】
1984年愛知県生まれ
大学卒業後アパレル業界にて名古屋、東京を拠点に10年以上ヴィジュアルマーケティング
部門として勤務。VMD※2を学ぶ。
2011年より、名古屋にて飲食コンサルマネージャーとして転職。アパレル時代に
学んだVMDを活かし、店舗マネジメントやイベント企画でのパーティーフードを行ったことをきっかけに食を”視覚”も含め演出したいと思い、2018年に独立「STUDIO,725」設立。
現在は、飲食店コンサルティング、イベント企画、企業ケータリング、お弁当デリバリー、パーティー料理など、フードデザイナーとして活動している。
名古屋ではあまりないビジュアルを大切にし、お客様のコンセプトに寄り添うケータリングなどをおこなっている。
2019年11月より、スタジオを持ち料理教室も本格的に開始する予定。
※2 VMD=ビジュアルマーチャンダイジングの略。詳しくは記事参照

フードコーディネーター山谷さんにお話を伺いました♪

 

 ミーモ編集部(以下 ミモ編)  

早速ですが、アパレルからフードコーディネーターというお仕事へ。
どのような経緯でこのような活動に移行していったんでしょうか?
何かきっかけがあったんですか?

 山谷さん 

以前、カフェにてコンサルマネージャーをやっていたことがあったんです。
その時、企画から入り『愛知県の伝統産業』を見てもらうというイベントを開催することになりました。春ということで、テーマは「桜」。桜をイメージをし会場を華やかにし、2018年3月15日に東京月桃三味線×書道家万美 ※3『日本の伝統と桜を囲む交流会』という150名の招待イベントを行いました。
スケジュールがすごくタイトで、やるしかない!と思い取り組みました。
※3
●書道家万美
http://www.66mami66.com/
●東京月桃三味線
http://tokyo-ghetto-shamisen.com/atsushi_sakata/profile/

 
大変でしたが、この経験がきっかけなんですよね。
今の私のスタイルを確立させた第一歩なのでとても勉強になりました。

 ミモ編 

とても素敵な経験からのターニングポイントですね!
カフェのコンサルマネージャーをやられていたということは、元々飲食のお仕事をされていたということですか?

 山谷さん 

違うんです。
私は、大学時代から学校の近くにあったGAPというアパレルで働いていたんです。
学生時代も『仕事』ばかり…大学卒業後、GAPに就職しました。
そこで、あこがれの先輩に出会いその先輩についていこうという気持ちが強く東京まで追いかけていきました!!

 ミモ編 

名古屋から今まで出たことがなかったのに、すごいですね。
さすがの行動力です。
東京まで追いかけるということはとても魅力的な方だったんですね。

 山谷さん 

いや、色々あり大変でした。
でも東京に行き、「やるからには一番になろう」って決めて頑張り続けました。
365日仕事ばかりしていましたね、今考えると。
そんな時、ついに日本一の店舗に移動が決まったんです!凄く嬉しかったです。
アパレル勤務って色々あるんですが、私は『VMD』ということをやっていたので日々戦いでした。数百人のスタッフをまとめ、売上を上げる。
毎日充実していましたね。

 

 ミモ編 

お話を伺っているだけで、楽しくやられていたんだなあというのが伝わってきます。
アパレル店員さんなどはよく聞くんですが、VMDというお仕事はどのようなお仕事でしょうか?
アパレルって一度は経験したいと思う女性の多いのではないでしょうか。

 山谷さん 

アパレルってやはり洋服好きな女の子は憧れがありますよね!

VMDとは、ビジュアルマーチャンダイジングと言います。
ブランドの魅力を視覚でお客様に伝えることなんですが、簡単に言うと、お店に入ったときにパッと目に入る入り口付近や通路付近などに売り出したい洋服や華やかな洋服をセッティングしたり。
その時のおすすめや、店舗によって売れる商品も違うので、その場所にあったものを作り上げていくんです。
同じブランドでも、場所によって雰囲気とか商品の置き場って違いますよね?その業務をやっているのが、私たちですね。
裏方的な感じなんですが、陰で支える重要な役割を担っているんです。

 

 ミモ編 

確かに。同じブランドでも全然違う見せ方などしていますよね。
きちんと戦略的に行われていたんですね!
VMDはセンスがないとできないことだと思うのですが、このお仕事をされた経験が今の山谷さんのお仕事に繋がっているんですね。
経験を活かし今のお仕事をされている、とても素敵なことですね。

 山谷さん 

その後、あるきっかけでGAPを退職しカフェのコンサルマネージャーになって。5店舗を管理していく中で色々自分の中で思うことがでてきたんです。
シェフの作り上げていく料理もとても素敵だったんですが、何か違うなと思うことがありもう少し違う形でお客様を喜ばせることはできないのかと考えるようになりました。
誰かを参考にしているわけでもないので、私自身のイメージで全てを作り上げていくんですよ。
美味しいって思ってもらえているかなど、日々ドキドキしています!

 

 ミモ編 

今でも日々ドキドキなんですか?
山谷さんのお話を伺っていると、とてもそんな感じには見えないので驚きました。
でも山谷さんのようなお仕事を夢見る方はたくさんいると思うので、そのようなお話を伺えると少し安心しますね。

 山谷さん 

私はアパレルから飲食コンサルという転職を経験し、とても色々なことを学びました。
でも共通することは、『お客様第一』『人とのつながり』とうことです。
お客様が喜んでいる事を考えていく。そこに繋がっていくのが”人”でした。
お客様の声、お客様の喜んでいる顔、お客様の一番近くにいるスタッフの大切さ。
これは飲食でも同じだったんです。お客様や農家さんなど、人とのつながりが本当に大切だと実感しました。

 ミモ編 

そうなんですね。
山谷さんとお話をしていて、みなさんの”笑顔”を大切にしているようなイメージを受けます。
人を楽しませることがきっとお好きなんですね。

今後はどのような活動を考えられているんですか?

 山谷さん 

デザインに強いケータリング会社が名古屋にないので、前職のVMDチームと一緒にもっと名古屋のケータリングを活性化させていきたいですね。

東京などでは、私みたいなビジュアルを大切にしているケータリング会社さんもあるんです。
地元の野菜、生まれ育った土地のものを食べる意識。愛知県ってとてもいいものがそろっていると私は思っています。
もっともっと色々な形で生まれ育った街を盛り上げていきたいと思っています。

 

 ミモ編 

素敵な人たちに恵まれて今まで経験されたことを、違う形で表現していくということですね。
とても素敵です!
最後に、読者の女性の皆さんに向けて何かメッセージをいただけますか?

 山谷さん 

私も20代は何も考えずに、色々なものを食べて飲んできました。
添加物の塊ですね…
やはり年齢で体調にも変化が出てきます。
若い皆さん、また私と同年代の皆さん。
良い食事、いいものを食べていってほしいです。食材そのままの味を楽しめることってとても大切なんです。
腸内環境ってとても大切で、脳のストレスに繋がるとも思っています。
これをきっかけに「食」についてもう一度考えてみてくださいね♪